Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

-

イーストの使い方

パンを作る為に最低でも必要な物に含まれる

イーストの役割

 

イーストは、発酵する事で
パンをふっくらさせるためのガス(炭酸ガス)と
風味をつける有機酸とアルコール類を発生させます。

 

イーストが発酵してガスを作ってくれなければ
どんなに良い粉を使ったとしても
生地は膨らむことが出来ないのです。

 

このようにイーストは、とても大事な役割を担っています。


では、本題に入っていきますね。

 

イーストの使い方は
どんなパンを作るか

どのイーストを使うのか

湿度はどのくらいあるのか

等で変わってきます。


まず基本的な使い方から(最低限必要な材料だけで書いていきます)

(→▲ぅ鵐好織鵐肇疋薀ぅぁ璽好函併堡里任茲見かけるもの)→1→た

まで順番にボールに入れて
軽く混ぜてからい凌紊鯑れると
忘れ物があっても慌てる必要がないです。

ただし、イーストが塩に当たらないように
イーストを真ん中に入れたら
塩は周りに入れる感じがいいです。

塩にはイーストを抑制する役割も持っています。

次に温度が低い時やフランスパンなど予備発酵をする場合

/→イースト

∧→塩→

水にイーストを入れ予め
発酵の準備をする事を予備発酵といいます。
,詫夙発酵の事です。


最後に糖分の多いパンなどの場合(今回は砂糖も入れますね)

(→∈重→1→た→ゥぁ璽好

糖分を餌にするイーストにとって
糖分が多いという事は
活動を早めてしまう状態になります。

この為、水まで入れてある程度
まとまってきてからイーストを入れる事で
調整を行います。

今回は、イーストの使い方について書きましたが
砂糖がイーストのエサなど意味不明な事を
書いているように思う方もいるかもという事で、
イーストの記事も引き続き書いていこうと思います。


<div style="margin-left:200px"><A Href="http://fanblogs.jp/syumiheya/">タイトル</A> | <A Href="http://fanblogs.jp/syumiheya/archive/47/0">目次</A> | <a href="#top">上に戻る</a></div>

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 11:28

Comment
Send Comment