Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

-

低糖質パン

血糖値が高くて糖質制限を受けている方や ダイエットをお考えの人等にお勧めするパンが 普通のパンと違う理由を解説していきます。 小麦粉の糖質 パン作りに必要不可欠な小麦粉ですが 小麦粉には100g中約70g程度の糖質があり そのまま使うと低糖質に程遠い食材です。 糖質を減らすには天ぷらなら衣の量を減らしたり 粉をつけてる際には薄くつけ叩いて無駄な粉を 出来るだけ落とす事が効果的です。 しかし、パンの場合粉の量を減らしてしまえば 出来上がりが少なくなったり レシピの計算をしなくてはならなくなります。 そこで、登場するのが 次のような粉になります。 低糖質パンに使う粉 パン作りをする際に糖質の多い 小麦粉だけで作るパンはどうしても 低糖質と言えないパンになります。 そこで小麦粉の代わりに糖質が 小麦粉の4分の1程度と控えめな ふすま粉や大豆粉等を使います。 ある程度糖質を落としたい方は 使用中の強力粉を一部ふすま粉などに 置き換えることで減らすことが出来ます。 ただし、グルテンが不足してしまうので 半分を置き換えるのが良い所で 糖質は4分の1減るくらいにです。 糖質を出来るだけ減らしたい方は 全てをふすま粉や大豆粉に変えて パンを作ることで低糖質パンを作ります。 このふすま粉や大豆粉には問題があり グルテン含有量があまり無く パン生地を膨らませる事が出来ません。 膨らませるには特殊な粉を パン生地に練り込むことで 可能にすることが出来ます。 低糖質パンにはグルテン粉? パン生地を膨らませる為には グルテンで膜を作る必要がありますが ふすま粉等にはグルテンがほとんどありません。 そこで、小麦粉の中に含まれる グルテンのみを粉にしたグルテン粉を 生地に練り込みます。 こうする事により生地にグルテンが加わり ふすま粉等の粉でもパン生地を 膨らませる事が出来るようになります。 配合量は複数の企業が出している為 グルテン粉によって異なるので パッケージを等を参照に配合してください。 まとめ パン作りに必要な粉は小麦粉が 有名ですが糖質がやや多く ダイエットや糖質制限の方には向きません。 低糖質なパンにするには ふすま粉や大豆粉などを使用して パン生地を作る事で可能になります。 ただし、膨らみが悪くなるので 膨らみを補う為小麦粉に含まれる グルテンのみを粉にした グルテン粉を生地に練り込みます。 こうする事で低糖質だけど 膨らむパン生地を作ることが出来ます。 この低糖質パンは 糖質が0になるという事ではありませんので 糖尿病などの方には厳しいかと思います。
タイトル |  目次  |  上に戻る
  • 2020.06.24 Wednesday
  • 12:00

Comment
Send Comment