Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

-

パンの種類に適した小麦粉

パン作りをしていくと
パンによって小麦粉を使い分けている事に
疑問を感じるようになってきませんか?

パン作りに使う小麦粉には サブで混ぜる粉等を省くと 大きく分けて3っつあります。 まずは、パン作りでよく使われる 強力粉から記載していきます。 強力粉に適したパン 強力粉はフランスパン等の ハード系・リーン系には向いていませんが 食パン・菓子パン・総菜パン等多用途に使用できます。 パン作りでの基本の粉という感じで 生地を膨らませるグルテンを作る タンパク質が多いのが理由です。 そのため、フランスパン等を 作る際にはグルテンが多すぎる為 不向きなのです。 では、次はフランスパン等に 適した小麦粉について記載していきます。 準強力粉に適したパン 準強力粉はグルテン含有量はが低くなり 灰分が高くなりますので食パン等の 膨らみが必要なパンには不向きです。 グルテンが少なくなることで 膨らみでは無く伸ばしやすくなる為 フランスパン等のハード系に向いています。 また、ハード系は最低限の材料で作る リーン系のパンが多いので 灰分が大事になります。 灰分は風味や味わいなどに影響するので フランスパン等味付け材料をあまり入れない パンでは味の決め手になります。 最強力粉に適したパン 最後にグルテン含有量が 特に高い最強力粉について記載していきます。 最強力粉は強力粉より グルテン含有量が高い為 より膨らみが欲しいパンに向いています。 食パンを作る時にも使いますが 食パンの中でも膨らみの必要な 山形食パンが特に向いています。 まとめ このように パンの種類によって必要な仕組みや 特徴によって適した小麦粉があるのです。 簡単にまとめると 最強力粉はグルテン含有量が多く 膨らみが大事な山形食パンなどに向く。 強力粉はパン作りでの基本の粉で フランスパン等ハード系以外に向く。 準強力粉はグルテン含有量が低く 灰分が高いためハード系やリーン系に向く。 という形になります。 なので、フランスパンを作るのに 最強力粉を買ってくるのは 男性に化粧品をプレゼントするようなものです。 適した粉でパンを作ると また違った出来上がりになりますので 粉も意識してみて下さいね。

タイトル |  目次  |  上に戻る

 

  • 2020.07.09 Thursday
  • 13:51

Comment
Send Comment