パン作りの基本的な工程

パン作りには種類によって
多少作り方が変わってきますが
大部分は同じような工程で行っていきます。

その工程を大まかに説明し
工程ごとのページリンク(現在準備中)を
作っていきたいと思います。

では、大まかにですが
工程順番で説明していきます。

パン作りの基本的な工程

①材料準備
必要な材料の準備・水・バター温度管理など。
温度管理は生地の出来具合に影響します。

②捏ね
材料を入れミキシング(混ぜる・捏ねる)の工程です。
しっかりグルテンを形成させることが重要です。

③発酵
イーストを発酵させ炭酸ガスを作り
生地を膨らませる工程です。
発酵によって香りや風味を作る物質も作られ
生地が熟成する事によって風味が増します。

④パンチ
発酵によってゆるんだ生地を
引き締め生地を均等に発酵させる為と
グルテンを強固にする為の工程です。

パンによっては行わない事もあります。

⑤分割
パン生地を複数に分割する工程です。
生地を傷めないように分割する事が大事です。

⑥ベンチタイム
パン生地を休ませ緊張をゆるめ
生地の伸びをよくして成形しやすくする工程です。

⑦成形
作るパンの形に成型する工程です。
出来上がりの形を決める大事な工程です。

⑧二次発酵
最終発酵ともいい発酵をして生地を膨らませる工程です。

⑨焼成
パンを焼きあげる工程です。

今回紹介した工程は基本的な工程を
大まかに説明したものです。

どんなパンを作るかによって変わってきますので
どんな工程があるかを知って頂くための記事です。

各工程の記事が出来次第リンクを付けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です