中力粉で作ったパンが硬い

お店でも見かける事の
多くなった中力粉で
パンを作って見たけど
固い・・・

それには理由が中力粉で作るパンが固い

まず、中力粉は小麦粉の中の
真ん中あたりに位置するのですが
グルテン含有量がパン作りには物足りないです。

また、小麦粒も荒すぎず細かすぎずの為
ケーキの様なきめ細やかさもなく
パンの様なふっくら感もありません。

中力粉でパンを焼く場合は
パンとケーキの中間のパンケーキや
蒸しパン等が多くなります。

パンを作る際中力粉のみであれば
出来上がったパンはグルテン含有量などの
関係からハード系(フランスパン等)の様な
パンが出来上がります。

中力粉で作るパンを柔らかく

上記で述べたように色々な要素がある為
中力粉のみで作ると固くなる傾向があるのですが
柔かくする方法もあります。

まず、グルテン含有量が少ないなら
増やしてしまえばいいのです。

増やす方法としては
最強力粉などのグルテン含有量が多い
小麦粉と混合にしてグルテンを補ってもらう。

または、グルテン粉・グルテンパウダーを
加えてグルテンそのものを足してしまう
方法があります。

つぎに、グルテンではなく
材料に助けてもらう。

パン生地を作る際の
仕込み水に水のみを使っている場合
牛乳またはスキムミルク・卵などに変える。

水のみに比べると
パンがふっくらと焼きあがりますので
中力粉と仕込み水が水のみよりは
柔らかくなります。

まとめ
中力粉を使ってパンを焼く場合
ハード系のように硬めのパンになります。

最強力粉や強力粉と混ぜて使うか
グルテンパウダーを混ぜるとグルテンを
増やすことが出来るので混合割合で固さは
変わってきます。

他にも、牛乳等を入れ
リッチ系のパンにしてあげる事で
柔かさを増すこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です