ベーカーズパーセントって実は簡単?

パン作りの本などで
ベーカーズパーセントという用語を
見た事のある方もいると思います。

私は数字が苦手なので
最初の頃は無視していました。

ですが、パン作りをしていくうちに
レシピとは違う量の生地を作りたくなり
配合に悩んでいた時にベーカーズパーセントの
大事さを知る事になったのです。

ベーカーズパーセントって?

簡単に書くと
パン作りをする際の
材料の割合の事を言います。

どんな時に役に立つの?

という疑問が浮かぶと思います。

上記で述べたように
私も最初は無視していたので
レシピのまま作る方には必要ありません。

では、どんな時に使えるのでしょう?

ベーカーズパーセントの使い所

パン作りをしている時に

粉の量が足りない・・・

生地の量を変えたい・・・

アレンジをしたいけど配合が・・・

と言う時にベーカーズパーセントを
知っていると上記のような悩みを
簡単に解決できるのです。

ベーカーズパーセントは
生地に使用する粉の量を
100で表します。

そして粉に対して他の材料が
何パーセント入れてあるかを
数字で表すものです。

と言うような説明で
私は難しそうと無視しましたが
例題を見たら意外と簡単で
無視ししていたのが馬鹿らしくなったのを
覚えています(^_^;)

ベーカーズパーセントって実は簡単?
よくあるレシピを参考に
例を書いていきますので
数字に弱い方も是非見て下さいね。

計量に使う道具
キッチンスケール

こちらは1g単位で最大計量は1㎏です。

強力粉   300g
ドライ・イースト 3g
食塩     6g
砂糖    12g
油脂    12g
水    210g

粉に対しての%なので

ドライ・イースト 3g  300gの1%
食塩    6g  300gの2%
砂糖    12g 300gの4%
油脂    12g 300gの4%
水    210g 300gの70%
強力粉 粉なので100%

計算が苦手な人は
先ずは粉の1%のgを出すと
楽に計算できますよ。

上記の例で

粉300gの1%は
0を二つ消します。

で、300gの1%は3gです。

ドライ・イースト 3g  3gなので1%
食塩    6g  6g÷3gで2%
砂糖    12g 12g÷3gで4%
油脂    12g 12g÷3gで4%
水    210g 210g÷3gで70%
強力粉 粉なので100%

この計算で出た%が
ベーカーズパーセントです。

それでは
ベーカーズパーセントの
使い方です。

上のベーカーズパーセントを
強力粉200gに当てはめていきます。

ドライ・イースト 200gの1%=2g
食塩    200gの2%=4g
砂糖    200gの4%=8g
油脂    200gの4%=8g
水    200gの70%=140g
強力粉   200g 粉なので100%=200g

計算が苦手な人は
0を二つ消して
ドライイーストなら
2×1で2gで計算すると簡単です。

強力粉280gに当てはめていきます。

ドライ・イースト 280gの1%=2,8g
食塩    280gの2%=5,6g
砂糖    280gの4%=11,2g
油脂    280gの4%=11,2g
水    280gの70%=196g
強力粉   280g 粉なので100%=280g

計算が苦手な人は
280gの100分の1で
1%なので2,8gを先に出します。

ドライイーストなら
2,8g×1で2,8gで計算すると簡単です。

まとめ

如何だったでしょうか?

ベーカーズパーセントは
意外に簡単に感じられたのではないでしょうか?

このベーカーズパーセントを
理解していればレシピが一つあれば
複数のレシピを作る事が出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です