イーストって何? パン作りの疑問

パン作りを初めようとする時、
レシピを探して材料を集めますよね?
●小麦粉 ●砂糖 ●塩 ●バター
●水 ●卵 ●イースト・・・
イーストって何?

他の材料は、
普段から使うものだからわかる。

けど、イーストは聞いたこともない。

そんな貴方に、
イーストについて、
●イーストって何?
●イーストがパン作りに必要なわけ
●イーストって、どこに売ってるの?
を書いていきます。

イーストって何? パン作りの疑問

それでは、内容に入っていきます♪

イーストって何?

イーストは微生物です(^^)/

微生物と言っても、
●納豆菌
●ビール酵母
●米麹
等の発酵に使われる微生物だと、
思ってください♪

そんなイーストにも種類があります。
種類が気になる方は、
イーストの種類を見てください。

関連記事
イーストの種類

微生物は糖が餌になるので、
砂糖が多いとイーストが活発になります。

微生物は、梅雨の時期のように
湿度があり、温度も高い時に、
繁殖しやすいです。

パン作りでは、
イーストに働いてもらわないと困るので、
梅雨の時期に似た環境を作ってあげて、
イーストの活動を活発にしてあげます。

イーストが活動している事を、
生地の発酵と思ってください。

微生物が好きな環境
●30度~40度程度
●湿度の多い場所
●餌(糖質)が豊富
好きな環境が、
発酵に適しています。

微生物と言っても、
ヨーグルトや納豆のよう、
発酵食品に含まれる微生物です。

危険な菌では無いので、
安心してくださいね♪

ちなみに、イースト自体は
食品添加物と思われがちですが、
実は食材なんです。

イーストが、
パン作りに必要な理由

パン作りにイーストが必要な理由は、
単純に生地が膨らみません。

イーストが活動して、ガスを出して、
内側からパン生地が膨らみます。

イーストが無いと、
ただの小麦粉と材料の塊です。

酵母もイーストと同じ役割。
 風味・イースト臭など、
 細かい点で違いはあります。

イーストが、
売っている場所

普通にスーパーにあります。
●小麦粉売り場
●製菓材料売り場
あたりに置いてあることが多いです。

スーパーにあるのは、管理が楽な
インスタント・ドライイースト
だと思います。

インスタント以外は、
ネットで買えます。

製菓・製パンの専門店が、
アマゾンや楽天にもあります。

店舗型の専門店は、
どこにあるか分からないです。

イーストは、
こんな感じです。


パンの材料なら、
色々揃うママパンさんがオススメですよ♪

アマゾンにも、
ママパンさんあるよ~♪

ママパン 商品名で、
検索してみてください♪

良かったら、ツイートしてね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です