イーストの使い方

材料を準備で来た。
今から初めてパンを作る♪
そんな方のために、
イーストの使い方を書いていきます。

●イーストの役割をザックリ紹介
●イーストの使い方
●予備発酵をする場合と多糖パン

イーストの使い方

こんな感じで書いていきます♪

イーストの役割をザックリ♪

まず、パンを作る為に、
最低でも必要な材料に含まれる
イーストの役割をザックリ♪

イーストは、発酵する事で、
●パンをふっくらさせる為の炭酸ガス
●風味をつける有機酸とアルコール類
を発生させます。

イーストがガスを作ってくれないと、
どんなに良い粉を使ったとしても、
生地は膨らむことが出来ないです。

イーストは、とても大事な役割を、
担っているのでパン作りには欠かせません。

関連記事
イーストの役割

では、本題に入っていきますね。

イーストの使い方

●どんなパンを作るか
●どのイースト
●温度にもよります。

まず基本的な使い方から
最低限必要な材料だけで書いていきます)

①粉→②イースト→③塩→④水

③まで順番にボールに入れて
軽く混ぜてから④の水を入れると
忘れ物があっても慌てる必要がないです。

ただし、
イーストが塩に当たらないように
イーストを真ん中に入れたら、
塩は周りに入れる感じです。

塩はイーストの働きを、
抑制する役割も持っています。

関連記事
塩の役割

予備発酵をする場合と多糖パン

次に温度が低い時やフランスパンなど、
●予備発酵をする場合

①水→イースト 

②粉→塩→①

水にイーストを入れ予め
発酵の準備をする事を予備発酵といいます。
(①は予備発酵です。)

最後に、菓子パン等
●糖分の多いパンなどの場合
(今回は砂糖も入れますね)

①粉→②砂糖→③塩→④水→⑤イースト

糖分を餌にするイーストにとって
糖分が多いという事は
活動を早めてしまう状態になります。

なので、水まで入れて、
ある程度まとまってきてから、
イーストを入れる事で調整を行います。

砂糖がイーストのエサ?
意味不明って思う方
関連記事の『イーストって何?』を、
読んでみてください。

関連記事
イーストって何? パン作りの疑問

パンの材料なら、
色々揃うママパンさんがオススメですよ♪

アマゾンにも、
ママパンさんあるよ~♪

ママパン 商品名で、
検索してみてください♪

良かったら、ツイートしてね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です