パン作りに最低限必要な材料

パン作りに必須な材料イースト、粉などについて説明と紹介をしています。

今回はパン作りに最低限必要な材料についてきていきます。

別記事で書いたリーンを作る際の材料ともあまり変わらないので
覚えておくといいかもしれません。

また、どうしてその材料が必要なのかも記載していきます。
では、本題に入っていこうと思います。

パン作りに最低限必要な材料

パン作りには最低限必要な材料は4つです。

皆さんは何だと思いますか?

一つ一つ説明をしていきますので
予想をしながら読んで頂ければ頭に入りやすいと思いますので
一つの嗜好だと思ってやってみては如何でしょうか?

では、一つ目

(小麦粉・強力粉・米粉・ライ麦粉など)

粉についてはそんなに説明する必要はないと思いますが
一応説明していきます。

粉は、パン自体になるのでこれがなければ話になりません。

また、パンを膨らませる為に重要な役割を持つグルテンについてを作る為の
たんぱく質グルテニンなども含まれているのでとても大事な材料の一つです。

続いて、二つ目は

イースト酵母

このブログでも何度も登場しているイーストです。

何度も書かれているのはパン作りにおいて
とても重要な役割を担っているからです。

その役割とは、何度か書いていますが
パンを作る際に生地を膨らませる事
イーストが発酵して発生させる炭酸ガスが
パン生地を膨らませてくれます。

この時出来た気泡がパンが出来上がった時の
表面の肌理になっていきます。

また、炭酸ガスと一緒にアルコール類と有機酸を作り
これによっても風味が付いていきます。

今回の記事は長くなってきたので記事を二つに分けようと思います。

あと二つの材料が気になる方は
お手数ですが、もう一つの記事も見て頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です