Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

-

パンの種類

パンにも種類がある事をご存知でしょうか?

 

パンには固さや材料によって

4つの種類があります。

 

このパンの種類が分からないと

小麦粉の説明に書いてある

ハード系に向いています。

 

芳醇な香りが特徴です。

 

と書いてあっても

 

ハード系に向いている粉で

食パンを作ったら膨らまなかった・・・

 

芳醇な香りって書いてある粉に

さまざまな材料を入れ

あまり匂いが分からなかった・・・

 

等、作りたいパンが

どの種類か知っていなければ

どの小麦粉を使ったらいいか分からず

思ったような出来上がりにならなかった・・・

なんて事もありえます。

 

食パン・バターロールなどの一つを指すものではなく

パンの種類・カテゴリーのようなものです。

 

ソフトとハードは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

これが種類になります。

 

それでは、パンの種類について記載していきます。

 

パンの種類を知る理由

 

冒頭でも書きましたが

種類を知らなければパンに合った

小麦粉を選ぶことが出来ません。

 

パンを作る時に

 

固いパンを作りたい。

 

柔かいパンを作りたい。

 

小麦の匂いを楽しみたい。

 

等、趣味趣向があると思います。

 

この時 フランスパンは固いパンで

ハード系だから準強力粉

素朴な香りも味わいたいからリーン系にしよう。

 

柔かい食パンを作りたい時には

グルテンの多い強力粉にして

卵やバター等をいれたリッチ系の材料で作ろう。

 

等の判断が出来る様になります。

 

それでは本題の

パンの種類に入っていきます。

 

パンの種類

 

パンの種類は

材料による種類の2つと

固さの種類の2つで計4つの種類があります。

 

先ずは材料の種類である

リーン系とリッチ系から入っていきます。

 

リーン系

最低限必要な材料に近い物だけで作る

小麦粉の香りや風味を味わう事の出来る

素朴なパンの種類を指します。

 

リッチ系

最低限必要な材料に油脂や糖質等の

材料を追加して作る為小麦粉の風味より

バターの香りやフンワリ食感を味わう

材料が多いパンの種類を指します。

 

次に固さの種類である

ソフト系とハード系に入ります。

 

ソフト系

上記で紹介したリッチ系の多くは

このソフト系に入ります。

 

特徴としてはフンワリ感があり

皮が軟らかいパンになります。

 

食パンや菓子パン等が

ソフト系のパンになります。

 

ハード系

この種類はリーン系の

固めのパンが多くなります。

 

特徴はソフト系とは逆に

皮が固く小麦粉の風味や香りを

楽しむタイプのパンになります。

 

フランスパンやデニッシュ等が

ハード系のパンになります。

 

例外的に

クロワッサンは皮はパリパリ感のある

固めの生地でハード系ですが

油脂などを使うリッチ系でありながら

ハード系という位置付けになります。

 

この様にパンの種類は 固さの種類と材料の種類で

位置付けられます。

 

基本的には

 

ソフト系はリッチ系

ハード系はリーン系

 

慣れるまではこれで十分だと思います。

 

タイトル |  目次  |  上に戻る
  • 2020.02.20 Thursday
  • 08:54